川口の巻き爪専門院が比較してほしい!巻き爪の治療方法とは?

埼玉巻き爪矯正院川口院の森です。今回は巻き爪の治療方法についてご紹介いたします。当院のプレート矯正以外の方法や、手術についてもまとめました。これからどのように巻き爪を治そうか迷っている方におすすめです。

 

巻き爪の治療方法は2種類

巻き爪治療には「手術療法」と「保存療法」があります。爪は、爪の根元にある爪母から生まれてきます。巻き爪が生えてこないように爪母を切除する治療法が手術療法です。

手術療法として主流なのは、「フェノール法」と「鬼塚法」の2種類があります。

保存療法には、軽度の巻き爪に用いられる「コットンパッキング」と、ワイヤーやプレートを用いた矯正療法などがあります。

巻き爪の治療方法 手術療法

巻き爪の治療方法の手術療法の中でも、主流な治療を2つご紹介します。

巻き爪の治療方法 【フェノール法】

特に巻きが強かったり、皮膚に食い込んでいたりする爪の端、いわゆる側爪箇所を切除します。それから、爪床(爪の裏と密着した皮膚)や爪母をフェノールという薬品で焼き、新しい爪が生えて来ない様にする手術方法です。

メリットは鬼塚法と比べ痛みが軽いこと、治療期間が短いことが挙げられます。
デメリットとして、爪幅が狭くなり、見た目が悪くなることと、本来のバランスを取りづらくなることや、巻き爪が再発する恐れがあるのです。

また、治療後しばらくの間はお風呂や激しいスポーツを控えるよう注意する必要があります。

巻き爪の治療方法 【鬼塚法】

フェノール法と同様に爪母から爪を切除する手術方法ですが、薬品で焼かず縫合に留めるのが鬼塚法です。

治療後に強い痛みを伴いますが、短い期間で治療が終了し、完治率が高いので、フェノール法よりも主にこの鬼塚法が用いられます。治療後はフェノール法と同様、お風呂や激しいスポーツは控えたほうがいいでしょう。また爪幅が狭くなり、巻き爪が再発する可能性も同様にあります。

巻き爪の治療方法 保存療法

巻き爪の治療方法 【コットンパッキング】

巻き爪の症状が軽度の場合は、コットンパッキングという方法が用いられます。巻いている爪の両端と皮膚との隙間に、コットンを挟み込みます。

これだけで、痛みはある程度は軽減します。

巻き爪の治療方法 【ワイヤー矯正】

爪の白い部分に穴を2カ所あけて、形状記憶のワイヤーを通して矯正する方法です。他にも、爪の端にフック状のワイヤーを引っかけて中心で締めるタイプもあります。

数分で装着ができ、痛みもなく入浴も可能で、日常生活に支障はありません。

ただ矯正後すぐに巻き爪が治るわけではなく、段階的に矯正していくので、4~8週ごとにワイヤーの交換が必要です。また、平らに矯正させるには爪の個人差がありますが、数カ月~1年かかります。爪先をのばす必要があるため引っかかりやすいデメリットがあります。

巻き爪の治療方法 【プレート矯正】

プレート矯正は当院が行っている矯正方法です。

形状記憶のプレートを爪の表面に貼って矯正します。ワイヤーは穴をあけるためにある程度の爪の長さが必要ですが、プレートにはその心配はありません。プレート矯正のメリットは、爪の先端側だけでなく、奥側までしっかり矯正を効かせられることです。また、プレート自体を加工し、個人の爪に合わせて矯正効果を最大限まで高められることが大きな特徴です。

ほとんど痛みがなく、入浴や日常生活にも支障がありません。プレート矯正も爪を少しずつ段階的に矯正していくので、一般的にひと月に1度の貼り替えをし、3~5回の通院が必要です。そもそも化膿や肉芽で痛みを訴えている人の場合は、1回目の施術で9割方痛みを解消しています。

 

プレート矯正はプレートの種類が豊富でその効果の違いもさることながら、施術者の技術力によって効果の違いが顕著に出てきます。埼玉巻き爪矯正院川口院は、巻き爪専門院だからこそ納得の矯正効果を出せます。また、矯正後の再発防止のアドバイスも行っています。

お気軽にご相談ください。

【川口院】川口駅から徒歩8分 川口市川口2丁目12-17 ワコーレ川口Ⅱ 101号室
川口の巻き爪矯正院
営業時間:10:00-19:00 電話番号:048-287-8879

ネット予約 川口院 https://airrsv.net/saitamamakitume-kawaguchi/calendar